「昨日は2時間しか寝てない。」「忙しくて一睡もできなかった。」

現代人は何かと忙しいので、これはある意味仕方のないことかもしれません。

しかし睡眠不足は、翌日の仕事やコミュニケーションに悪影響を及ぼすだけでなく、肌のトラブルの大きな原因にもなります。

睡眠が肌にもたらす影響とはどのようなものなのか、その関係性や改善方法を見ていくことにしましょう。

睡眠と肌の関係

昔から、睡眠不足は肌の大敵と言うように美肌を保つためには良質な睡眠が欠かせません。

睡眠以外にも食生活・ストレス・紫外線など肌の大敵と言われるものはたくさんありますが、まず睡眠の見直しから始めてみましょう。

肌は眠っている間にターンオーバーが行われ毎日新しく生まれ変わっています。

肌のターンオーバーとは、肌の表皮の新陳代謝のことで、皮膚の細胞がそれぞれ役割を果たしながら角化し、垢となり剥がれ落ちまた新しく肌が生まれ変わるという仕組みを約28日間周期で繰り返されています。

人間の体には、免疫力や回復力など体調を整えてくれる働きがあり、睡眠不足が続くと免疫力の低下や自律神経の乱れの原因になる他、ターンオーバーが正常に行われなくなります。

肌のゴールデンタイムっていつ?

肌のターンオーバーが活発に行われている22時~2時までの時間帯をゴールデンタイムと言い、この時間帯に良質な睡眠をとることが重要と言われています。

しかし、その時間帯を意識するよりも実は入眠後の3時間にいかに良質な睡眠をとるかというのが最も重要であり、今では寝付いた時間によってゴールデンタイムが決まると考えられています。

入眠後の3時間に美肌作りに必要な成長ホルモンが多く分泌されているので、この3時間は特に良質な睡眠をとれるように心がけましょう。

睡眠と成長ホルモンの分泌量

睡眠には、眠りが浅く脳が動いている状態のレム睡眠と眠りが深く脳が休んでいる状態のノンレム睡眠の2つに分類され、約90分サイクルで繰り返されています。

肌の新陳代謝を促す役割のある成長ホルモンは、ただ眠っていればよいというわけではなく、深い眠りのノンレム睡眠の状態の時に多く分泌されます。

また、体内時計にも影響されるのでなるべく毎日同じような時間帯に入眠し、睡眠時間も日によってバラつきがないように規則正しい睡眠がとれるように意識してみましょう。

睡眠不足によって引き起こされる肌トラブル

睡眠不足が続くとホルモンバランスやターンオーバーが乱れ肌の調子が悪くなります。

では、どのようなトラブルの原因になるのでしょうか。

・ニキビ

睡眠不足によるストレスで交感神経が活発になり、男性ホルモンの分泌が促進されるため皮脂の分泌量も多くなるのでニキビの原因になります。

・乾燥肌

ターンオーバーが乱れると肌のバリア機能が低下し、肌の水分が蒸発しやすく潤いが保たれなくなるので乾燥肌の原因になります。

・くすみ・シミ

睡眠不足が続くと健康な肌に必要な成長ホルモンの分泌量が減少し、外的刺激によるダメージを受けやすくなりメラニンが蓄積されてしまうため、くすみやシミの原因になります。

・たるみ・クマ

良質な睡眠をとれていると睡眠中は血液量が増加し、血流とともに栄養が全身に送られます。しかし、睡眠不足になると血流が悪くなり、目元に老廃物が溜まるため目の下にクマができてしまいます。また、血流が悪いとたるみにも繋がり肌の老化の原因になります。

・むくみ

睡眠不足により新陳代謝が悪くなり、不必要な老廃物が溜まり体内の水分調整が正常に機能しなくなるため顔が膨らむなどのむくみの原因になります。

快眠を得る方法

良質な睡眠、つまり快眠を得るためにはどのようなことをすればよいのでしょうか?

まず、就寝前はなるべく刺激やストレスを与えずリラックスした状態で快適に入眠できるようにしましょう。

・食事

食事は、寝る3時間前までには終えておきます。1回の食事が消化されるまで約3時間かかるといわれ、食後の活発な消化活動の時には快適な睡眠はなかなかとれません。

・アルコールやカフェイン

アルコールやカフェインを飲むと睡眠のリズムが乱れやすく深い眠りを妨げてしまいます。寝る前は水やお茶、また牛乳やゼラチン、コラーゲンなどは寝つきをよくする効果があるのでアルコールやカフェインの変わりに試してみましょう。

・入浴

入浴は寝る1時間前までには終えておきます。熱すぎるお湯は体が温まりすぎるので寝つきが悪くなります。入浴後に軽いストレッチができるなど少し時間の余裕を見て入浴しましょう。

・照明・テレビ・スマホ

寝る前にテレビやスマホなどを見て強い光を浴びてしまうと交感神経が刺激されてしまい脳が興奮状態になりなかなか寝付けません。また、部屋の照明を抑えることで自然に脳がリラックスし快適な入眠を得ることができます。

しっかり睡眠をとって肌トラブルを改善!

ただの睡眠不足と思うかもしれませんが、睡眠不足が引き起こす肌トラブルは改善しないと取り返しがつかないほど深刻な悩みになる可能性があります。

高価なスキンケアアイテムを使うことよりもすぐに実行できる睡眠方法は最も効果的なスキンケアと言っても過言ではないでしょう。