スキンケア商品や化粧品を購入する時、どのようなポイントを重視して選んでいますか?

世間ではいつの間にか、健康・安全・安心など健康志向が当たり前になってきました。食生活はもちろん毎日肌に使うスキンケア商品や化粧品も品質と安全性を求める人が急増しています。

健康志向な人や敏感肌、肌トラブルを抱えている人がまず手に取りやすいのは無添加化粧品でしょう。

無添加化粧品と言えば、体に悪影響のある添加物が全然入っていなくて肌に優しいから安全!というイメージを持っている人がほとんどではないでしょうか?

実は、無添加化粧品はすべての添加物が入っていないという意味ではなく、絶対安全なものでもありません!

そこで、多くの人が誤解しているであろう無添加化粧品について、詳しく説明していきます。

無添加化粧品とは?その定義は?

無添加とは、言葉の通り添加物がないという意味ですが、すべての添加物が一切入っていないわけではなく、ある添加物が入っていないだけでも無添加と言われています。

1980年の薬事法に基づき、化粧品に配合される成分のうち、肌荒れやアレルギー反応を起こす可能性のある102種類の成分(表示指定成分)だけの表示が義務付けられていましたが、2001年の薬事法の改定により、現在では化粧品に配合されているすべての成分を商品に表示することが義務付けられています。

この102種類の成分(表示指定成分)には、防腐剤・界面活性剤・酸化防止剤・着色料・香料などがあり、このような成分が含まれている化粧品は、肌への負担が大きく肌荒れのリスクが高くなります。

化粧品において、残念ながら無添加化粧品は法律などでしっかりと決められた定義があるわけではありません。

化粧品会社によっては、表示指定成分を1つでも配合していない化粧品を無添加化粧品と定義しているように各化粧品会社の独自の基準と判断によって、商品の表記方法が異なるため自分で成分を見極める必要があります。

つまり、肌に優しいと思い込んでいた無添加化粧品は、必ずしも安全な化粧品ではないということになります。

化粧品に配合される添加物

そもそも化粧品に配合される添加物はどのような種類があるのでしょうか。

添加物には、防腐剤・界面活性剤・乳化剤・保湿剤・着色料・香料などがあり、化粧品によっては合成化学物質による有害性の高い添加物が配合されている場合があります。

このような化粧品を長年使用し続けていると、有害性のある添加物が体に蓄積されそれが原因で環境ホルモン作用や体質によってアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

しかし、化粧品の品質のために添加物が必要になってくることもあり、添加物は一切排除しなければいけない!とは一概に言えません。

では、無添加化粧品のメリット・デメリットを確認していきましょう。

無添加化粧品のメリット

無添加化粧品の大きなメリットは、肌への刺激が少なく敏感肌やアトピー性皮膚炎、ニキビなどの肌トラブルを抱えている人でも安心して使用しやすいことです。

肌荒れやシミ・しわなどの原因になる添加物が排除されているので、肌のツヤ・ハリが失われずアレルギー反応や炎症などの肌トラブルが起こりにくくなります。

また、無添加化粧品を使うことで化粧品に含まれる美容成分が皮膚の奥まで浸透しやすくその効果を最大限に引き出し、健康的で美しい肌になるためにしっかりサポートをしてくれます。化粧品は毎日使用するものなので、化粧品に配合されている成分は微量ですが少しずつ肌に蓄積されていることになります。

添加物が多く含まれている化粧品を継続的に使用していると様々な肌トラブルや健康被害の影響が出てくる可能性がありますが、無添加化粧品の場合はそのような心配はありません。

無添加化粧品のデメリット

無添加化粧品には防腐剤や安定剤などの添加物が配合されていない化粧品が多く、品質の劣化が早いため化粧品にカビや雑菌などが繁殖してしまう可能性があります。

さらに、化粧品を使用する際に容器の口に手や指を直接当てることで、空気中の菌の他に手や指についた菌も同時に化粧品に混入することにもなり劣化の進行を早めてしまいます。防腐剤や安定剤が配合されていない化粧品は、使用期限が極端に短いので早めに使い終わる必要や冷蔵保存のように保存方法が難しいものもあり、取り扱いに注意が必要です。

また、安定して量産しやすいといわれる合成化学物質を使用せず、天然成分などから作られた無添加化粧品は必然的にコストが高くなるという欠点もあります。

無添加化粧品を使う前に要チェック!

自分の肌質を知っておくこと

自分の肌質の確認やアレルギー反応を起こす可能性のある成分が特定できているとその成分が配合されていない無添加化粧品を正しく選ぶことができ肌トラブルのリスクを回避できます。

化粧品に配合されている代表的な成分をある程度把握しておく

商品の成分表示は、配合量の多い順に表示されています。

表示されている代表的な成分の名前や用途を知識として把握しておくと、自分に合った無添加化粧品を正しく判断し選ぶことができます。

保存方法・使用期限を守る

防腐剤や安定剤が配合されていない無添加化粧品は、商品の劣化が早く使用期限が短いものが多いので必ず期限内に使い切りましょう。また、商品によっては冷蔵保存が必要なものがあり保存方法も注意しなければなりません。

無添加化粧品を使用する前はまずパッチテストを!

すべての添加物が配合されていないわけではないので、より安全性を求めるために使用前はパッチテストを行ってください。

パッチテストでかゆみや赤みなどの肌トラブルがあらわれた場合は使用を中止しましょう。

無添加化粧品についてのまとめ

無添加という言葉だけにこだわりすぎて、本当の意味を知らずに使い方を勘違いしていた人は意外と多いのではないでしょうか?

無添加化粧品のメリット・デメリットを把握して、自分の肌や体質に合った無添加化粧品を見つけてくださいね。