男性の中にも体毛がコンプレックスになている人は多いのではないでしょうか?

男性は、男性ホルモンの影響で体毛が多く、そして濃くなりやすいのです。そのため最近ではメンズの脱毛サロンも増えてきています。

ただ「男が脱毛に通うのはちょっと恥ずかしい…」「お金もかかるし、面倒」と思ってしまいますよね?

そこで、ここでは自分で簡単にできる脱毛方法や、そのメリット・デメリットなどを5つご紹介していきます。

自分に合った脱毛方法で、毛深さの悩みを解決していきましょう!

脱毛とは?どんな種類がある?

脱毛とは、文字通り毛を除去するという意味ですね。

ただ脱毛と一言で言ってもいろいろな種類があります。まずは脱毛にどんな種類があるのか、簡単にご説明していきます。

永久脱毛

永久脱毛というと「脱毛してから一生毛が生えてこなくなる」と勘違いしてしまいがちですが、実はそうではありません。

永久脱毛とは、長期間毛が生えてこなくなる脱毛のことをいいます。もう少し厳密に言うと、脱毛から1か月後に毛の再生率が20%以下になる脱毛のことをいいます。

主にクリニックなどでおこなわれる脱毛がこれに当たります。強いレーザー治療などで毛乳頭(毛の根本となる部分)を破壊することができるため、長期間毛の生えてこない状態をキープすることができるのです。

減毛

脱毛サロンにも「永久脱毛」をうたうところはありますが、医師のいない場では毛乳頭を破壊するような強力な脱毛はおこなってはいけないと法律上決まっているため、どこも低出力の機械を使った脱毛になります。

そのため、効果はクリニックに比べると弱く、永久脱毛ではなく減毛に当たります。

除毛

除毛とは、肌表面に出ている毛を除去することです。

毛穴の中の毛にアプローチすることはできないため、次に毛が生えてくるまでの期間も短いですが、自分で手軽に、そしてリーズナブルにできるという魅力があります。

ここでご紹介する家庭でできる脱毛のほとんどがこの除毛に当たります。

家庭でできる5つの脱毛方法

自宅でできる脱毛方法にはどんなものがあるのか、チェックしていきましょう!

カミソリ

カミソリを使うのは、一番手軽で簡単な方法です。メリット・デメリットには次のようなものがあります。

・カミソリのメリット
一度に広範囲の毛が剃れる
時間がかからない
コストがかからない

・カミソリのデメリット
すぐに毛が伸びてくる
伸びてきた毛がチクチクする
肌に負担がかかる

脱毛クリーム

脱毛クリームは、毛を溶かす成分が配合されたクリームです。

肌に塗り、少し時間置いてから拭き取ることで、肌表面の毛を除去できます。メリット・デメリットには次のようなものがあります。

・脱毛クリームのメリット
広範囲の除毛に向いている
クリームを塗るだけで簡単
カミソリが使いにくい背中なども除毛しやすい

・脱毛クリームのデメリット
かぶれや肌荒れを起こす可能性もある
濃い毛が溶かしきれず、除毛にムラが出ることがある
コスパが悪い

脱毛ワックス

脱毛ワックスは、除毛効果のあるワックスを塗り(あるいはワックスがついたシートを貼り)、それに毛を吸着させて剥がしながら毛を引き抜く方法です。メリット・デメリットには次のようなものがあります。

・脱毛ワックスのメリット
広範囲の除毛に向いている
次に毛が生えてくるまでの期間がクリームやカミソリに比べると長い

・脱毛ワックスのデメリット
痛みや肌ダメージがある
かぶれや肌荒れを起こす可能性もある
毛が皮膚内で伸びてニキビのようになってしまう“埋没毛”になりやすくなる
毛が1㎝未満だとうまく引き抜けない

毛抜き

ピンセットのような器具で、根元から毛を1本1本引き抜く方法です。メリット・デメリットには次のようなものがあります。

・毛抜きのメリット
次に毛が生えてくるまでの期間がクリームやカミソリに比べると長い
伸びてきたときにチクチクしない
コストがかからない

・毛抜きのデメリット
痛みや肌ダメージがある
時間がかかる
広範囲の脱毛には不向き
毛が皮膚内で伸びてニキビのようになってしまう“埋没毛”になりやすくなる

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、光(レーザー)を照射して毛根にダメージを与え、毛を生えにくくする方法です。

自宅にいながらサロンでおこなう減毛と似た効果が得られます。家庭用脱毛器のメリット・デメリットには次のようなものがあります。

・家庭用脱毛器のメリット
皮膚ダメージが少ない
次に毛が生えてくるまでの期間が他の除毛方法に比べると長い
サロンに通う必要がなく、自分のペースで光脱毛できる

・家庭用脱毛器のデメリット
脱毛器が高価
冷却や保湿などのケアが必要
時間がかかる
サロンと比べると効果は弱め

家庭で手軽にできる除毛を取り入れてみよう!

効果が高く、安全に脱毛できるのはやはりクリニックやサロンでのレーザー脱毛や光脱毛です。

ただその分コストもかかり、通う時間も必要になります。

もっと手軽に体毛のケアがしたい!という人は、家庭でできる除毛方法を取り入れてみましょう。

アフターケアや、除毛グッズの使い方、使う頻度などにも十分注意しながら、毛深い悩みを解消していきましょう。