ディープクレンジングという美容方法を知っていますか?

毎日化粧をする女性は、必然的にクレンジングも毎日することになりますが、実は蓄積された毛穴の汚れや黒ずみ、古い角質などは普段のクレンジングや洗顔では綺麗に落としきれていません。

そこで、もっとも効果的なのがディープクレンジングです。

ディープクレンジングとは?

ディープクレンジングとは、普段のクレンジングでは落とすことのできない毛穴の奥に詰まった汚れや皮脂、古い角質などをしっかり落とすことです。

分かりやすく言えば、肌と毛穴の特に脂汚れを定期的に大掃除することですね。

肌の汚れや古い角質を何のケアもせずそのまま放置しておくとシミ・しわ・たるみなどの肌トラブルや肌の老化の原因に繋がります。

女性だけでなく、皮脂の多い男性にも今注目されているスキンケアです。

ディープクレンジングの効果

クレンジングやスキンケアは毎日しっかりしているので、ディープクレンジングの必要性はそれほど感じないかもしれませんが、本当の美肌を目指すなら定期的なディープクレンジングはぜひ取り入れましょう。

ディープクレンジングを行うと毛穴に詰まった汚れや古い角質が落とされ、化粧水・美容液・乳液などの美容成分が肌の奥まで浸透しやすくなるので、美容成分の本来の機能が発揮され美肌に近づくことができます。

化粧品の油分と皮脂や古い角質が混ざり合うことで角栓となり、その毛穴に詰まった角栓は黒ずみの原因になります。ディープクレンジングは嫌な黒ずみも無理なく除去することができるのでとても効果的です。

また、肌が綺麗に掃除されることでハリやつやが生まれ若々しい肌になるのでアンチエイジング効果も期待できます。

ディープクレンジングの方法

ディープクレンジングと言えば、エステサロンでは定番のメニューになっています。

自分はエステサロンとは無縁だな、という人でも意外に自宅でも簡単にできるケアなのでぜひ試してみましょう。

1.蒸しタオルで肌を温めましょう。

適温の蒸しタオルを顔に当てて肌を温め、毛穴を開かせます。

肌を温めることで、血行が良くなり肌の老廃物が排出されやすくなります。

2.クレンジングオイルでマッサージをしましょう。

肌が温まったらオイルクレンジングを掌に取り、顔全体に優しくなじませます。

鼻・目元・口元などの細かい部分は指の腹を使って、円を描くようにマッサージしていきます。

マッサージをする時は強く力を入れて擦らず優しく肌に負担がかからないようにしましょう。

3.ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。

顔全体にクレンジングオイルがなじんだらぬるま湯でしっかりすすぎます。

この時、すぐに洗い流すのではなくまず乳化させることで肌にオイルが残りにくく流すことができます。

4.洗顔・保湿をしましょう。

オイルを流し終わると丁寧に洗顔をします。

ディープクレンジングを行うと皮脂が落ちているので、肌が敏感で乾燥しやすい状態になっているのでしっかり保湿してください。

不要な汚れや古い角質も除去されているので、美容成分が肌に浸透されやすいのでこのタイミングでの保湿は重要なポイントです。

ディープクレンジングの注意点

ディープクレンジングは週に1回程度行うようにしましょう。

頻繁にしてしまうと必要な皮脂まで洗い流してしまい肌に負担がかかるので肌トラブルの原因に繋がります。

毛穴の汚れや黒ずみが気になるからと言って、ゴシゴシ擦るのは絶対にNG。

肌に余分な刺激を与えないようにクレンジングオイルを使う時は優しくマッサージしましょう。

洗い流す時は必ずぬるま湯にしましょう。

オイルを洗い流す時に冷水ではオイルの油分がしっかりと洗い流すことができず、逆に熱すぎるお湯では肌に負担がかかり乾燥してしまうので、ぬるま湯で洗うのが大事です。

洗顔の後はタオルで優しく水分を拭き取りましょう。

ディープクレンジングを行い洗い流した後はしっかり洗顔し、すべての工程が終わるとすぐにタオルで顔を優しく抑えるように水分を拭き取ります。

ここで、タオルでゴシゴシ拭いてしまうとデリケートになっている肌がダメージを受けてしまいます。

ディープクレンジングで定期的なスペシャルケアを

化粧を落とすために毎日しっかりクレンジングや洗顔をしているから大丈夫だと思っていませんでしたか?

実は、落としきれない汚れや皮脂などが毛穴の奥に蓄積されているので肌を綺麗に保つためにも定期的なディープクレンジングは必要です。

美肌に導いてくれる効果やアンチエイジング効果もあるので、ぜひスキンケアに取り入れてくださいね。