毎日の洗顔、正しく行っていますか?

男性はメイクをしないので、洗顔もおろそかになりがちです。

またやり方を間違っている人も多く見かけます。

しかし、洗顔はスキンケアの基本中の基本。肌トラブルを避けるためにも、洗顔不足によるトラブルを知って、正しいケアを習慣にしていきましょう!

そもそも洗顔とは?

そもそも洗顔は何のためにあるのか、知っていますか?

洗顔の目的は肌表面についたホコリや細菌の他、一日の内に分泌された余分な皮脂を落とすことです。

皮脂とは皮膚にある皮脂腺というところから分泌される油分のこと。汗と混じって肌に膜をつくり、うるおいを閉じ込めたり、外からの刺激によるダメージから肌を守ってくれるもので、本来は必要なものなのですが…多く分泌されすぎるとテカリや肌トラブルに繋がります。

きちんとした洗顔は、この余分な皮脂を落とすために必要なものなのです。

洗顔料を使っていない人もいるかもしれませんが、できれば取り入れるのがおすすめです。なぜなら、皮脂は水だけでは落ちにくいからです。皮脂はいわゆる“油”で、水をはじきます。皮脂を肌から取り除くためには、油と水を中和させる成分が必要。洗顔料には、その成分である“界面活性剤”が含まれており、皮脂を水に馴染ませてしっかりと除去することができます。

洗顔を怠ることで生まれるトラブル

洗顔のし忘れや、水だけの洗顔で皮脂が肌に残った場合、どんなトラブルが起きやすくなるのか…いくつかご紹介していきます。

・毛穴の開き
皮脂が毛穴に詰まると、毛穴は押し広げられて大きくなります。悪化すると、肉眼で見てもプツプツと毛穴が開いているのが分かるようになります。

・毛穴の黒ずみ
毛穴に皮脂が入り込みそのまま時間が経つと、皮脂は酸化して黒ずんでいきます。鼻の毛穴が黒くポツポツと目立つ…といった経験はありませんか?

いちご鼻なんて呼ばれたりもしますが、これは皮脂がしっかりと除去できず肌に残ってしまうために起こるトラブルなのです。

・ニキビ
ニキビは、毛穴に皮脂が入り込み、それを古い角質などが塞いでしまうことで起こります。

皮脂が毛穴からうまく排出できなくなり、そこに雑菌が繁殖して白っぽいふくらみになってしまうのです。角質とは肌表面にある皮膚の細胞のこと。目には見えませんが、肌を覆う薄皮のようなものをイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。

ニキビの初期段階は白ニキビといって治りも早いですが、そのまま放置しておくと、炎症を起こして痛みを伴う赤ニキビに…。また膿が溜まってしまう黄ニキビに悪化する場合もあります。

・ニキビ跡
ニキビよりも厄介なのがニキビ跡です。

ニキビ跡とはその名前の通り、ニキビがあったところに残ってしまう跡のこと。赤みを帯びてしまったり、メラニン色素が沈着してシミのようになってしまったり…無理やりつぶして治そうとすると、その部分がへこんで肌がデコボコになってしまいます。これをクレーターとも呼びます。

ここまでくるとスキンケアや市販の薬ではなかなか治せません。クリニックでの治療が必要になります。そうなる前に、洗顔で皮脂対策をすることが大切です。

男は皮脂トラブルが起きやすい!

男性は特に、テカりや上記に挙げた皮脂トラブルが起きやすいと言えます。その理由には次のようなことが挙げられます。

・男性ホルモンの働き
男性ホルモンである“テストステロン”は皮脂が分泌される皮脂腺を発達させる性質を持っています。またそこでつくられた皮脂の分泌を促す効果も…。つまり、女性に比べて皮脂がたくさんつくられるうえに、分泌される量も多いということですね。また女性の場合は年齢を重ねるごとに皮脂量が低下していきますが、男性は50代まで一定の皮脂量を分泌することが分かっています。

・食生活の影響
男性は脂質の多い食事を好む傾向があります。「ラーメンが大好き!」「お酒の席では必ず揚げ物を頼む!」そんな人は多いのでは…?また、男性はビタミン・ミネラルが不足していることも多いようです。脂質の多い食事のとりすぎや、栄養不足は皮脂の分泌を増やして、上記のようなトラブルが起きやすくなります。

このように皮脂トラブルを招きやすい男性こそ、正しい洗顔によるケアが必要です。

正しい洗顔のやり方

洗顔は健康な肌を保つために必要なスキンケア一つですが、ただ毎日すればいいというものではありません。どんな洗顔をするか、ということがとても大切になってきます。正しい洗顔方法を意識して取り入れましょう!

①適量をとる
手のひらに洗顔フォームを適量とります。2~3㎝ほどが目安です。ただ、目安は商品によっても異なりますので、必ずパッケージを確認してください。水と空気を含ませると泡立ちますので、そこまで大量にとらなくてもOKです。洗顔の前には手を洗って清潔にしておきましょう。

②泡立てる
洗顔料に少量の水を含ませ、手で円を描くようにすり合わせて泡立てていきます。泡立ちが悪い場合は水を少しずつ加え、その都度泡立ててください。手で泡立てるのが難しいという人は泡立てネットを使うと便利です。ネットに洗顔料と水をつけて揉み込むだけで、キメの細かいふんわりとした泡が簡単に作れます。キメの細かい泡の方が毛穴に入り込みやすく、皮脂を浮かせる効果も高くなります。

③洗顔する
皮脂の分泌が多い鼻とおでこから洗っていきます。次に乾燥しやすい頬や口周りを洗います。外側に小さく円を描くようにくるくると指を動かしながら洗顔していくのがポイント。

④すすぎ
顔全体を洗顔できたらすすいでいきます。フェイスラインや髪の生え際も、洗い残しがないようにしっかりとすすぎましょう。

知っておきたい洗顔時の注意点

ここからは洗顔時の注意点についてみていくことにしましょう。

・強くこすらない!
洗顔する時に手のひらでゴシゴシ肌を擦ってしまうのはNGです。泡の弾力をうまく使って、皮膚に摩擦が起こらないように注意しましょう。またタオルで拭く時も強く擦らないように注意!男性は特に力が入りやすいので、意識して優しいスキンケアを行いましょう。

・ぬるま湯ですすぐ
水では皮脂や洗顔料が落ちにくく、肌に残ってしまう可能性があります。反対に、熱すぎるお湯では肌のうるおいに必要な皮脂まで落ちて乾燥を強めてしまう可能性も…。肌に負担かけにくいぬるま湯ですすぐのがベストです。

・洗顔をし過ぎない
「皮脂をそのままにしておくと良くないから」と、一日に何度も洗顔するのは避けましょう。皮脂を取り過ぎると乾燥が強まります。乾燥が強くなると、肌はそれを防ぐために皮脂を多く分泌するようになり、悪循環に…。洗顔は朝と夜の2回が目安です。それ以上行う場合は、丁寧な保湿も合わせて心がけましょう。

・乾燥肌の人は洗顔料を使いすぎない
皮脂やテカリが気になる人は朝・夜と洗顔料を使っても問題ありません。ただ、乾燥やかさつきが気になる人の場合、洗顔料の使う頻度を減らしましょう。朝はぬるま湯で洗顔、夜は洗顔料で洗顔…など、適度に皮脂を残す工夫が大切です。

正しい洗顔で皮脂のトラブルを改善!

皮脂による肌トラブルが多い人はいつもの洗顔を見直してみましょう。不足している場合もありますし、間違ったやり方がトラブルを悪化させている場合もあります。また洗顔をやり過ぎている場合も…。

洗顔料にも、保湿できるものや、皮脂や古い角質を取り除く効果の高いスクラブタイプなどいろいろなものがありますから、自分の肌質をよく把握して、毎日の洗顔に取り入れてみてくださいね。