洗顔の後、化粧水をしっかりつけていますか?

「別に乾燥していないし、つけなくてもいいだろう」と思っている人もいるかもしれませんが、化粧水は乾燥対策だけにつけるものではないんですよ。

その他にもいろいろな役割をしてくれるアイテムなんです。

ここではそんな、意外と知られていない化粧水の基礎知識をお伝えしていきます。

化粧水とは?

そもそも化粧水って何からできているの?というところからご説明していきます。

化粧水の主成分はその名前の通り水(精製水)です。商品にもよりますが約70~80%の割合で水が含まれています。

その他に含まれる成分には、次のようなものが挙げられます。

  • 保湿成分…うるおいが肌の外へ蒸発しないようにキープする成分。“ヒアルロン酸”や“セラミド”など。
  • 美容成分…肌の弾力をアップさせる、肌に透明感を出すなど、美肌効果をより高める成分。“コラーゲン”“ビタミンC”“コエンザイムQ10”など。
  • 浸透を助ける成分…水、保湿成分、美容成分などを肌の内側まで浸透させる成分。“グリセリン”や“エタノール”など。

化粧水の役割とは?

肌にうるおいを与える

洗顔後の肌は皮脂(油分)が落ちて乾燥している状態です。そのため、うるおいを外から補給してあげる必要があります。

水分補給なら、ただの水でもいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、ただの水では肌の内側まで浸透させることはできません。もともと肌に備わっているバリア機能によって、水がはじかれてしまうためです。化粧水には、水や、その水を抱え込む保湿成分、それらの浸透を助ける成分が入っていますから、肌の内側までしっかりとうるおいを届けることができます。

また肌の表面にもうるおいを与えます。カサカサやごわつきが和らぎ、柔らかくなめらかな肌をつくることができます。

過剰な皮脂を抑える

男性の中には、テカりを気にしている人は多いのではないでしょうか。

このテカりは皮脂腺というところから分泌されたる皮脂によるものです。化粧水をつけることは、この皮脂を抑えることにもつながります。肌の内側や表面のうるおいが足りないと、肌は乾燥を防ぐために皮脂を多く分泌するようになるのです。

化粧水で水分をしっかり補い、うるおいのある肌をキープできれば皮脂の過剰な分泌も軽減することができます。

美容液や乳液の効果を高める

化粧水は、つけた後のスキンケアの効果を高める役割も担っています。

洗顔後の乾燥した肌はキメが荒く、ごわごわした状態です。そのままでは美肌効果のある成分はうまく浸透していきません。化粧水でうるおいを与え肌を整えることで、次につける化粧品の浸透を良くすることができます。

男こそ化粧水が必要?知っておきたい男の肌の特徴

化粧水などのスキンケアは女性がするものというイメージが強いですが、実は男性こそ保湿が必要なんですよ。その理由は男性の肌質にあります。

・男性肌の特徴① 皮脂の分泌が多い
男性の体の中で多く分泌されているのが、男性ホルモンであるテストステロンです。

このホルモンは皮脂の分泌量を多くする性質があります。テカリやギラつきなどのトラブルが男性に多いのはこのためです。

・男性肌の特徴② 水分量が少ない
男性は女性に比べて、肌の内側の水分量が少ないと言われています。個人差もありますが、男性の肌の水分量は女性の50%以下とも言われています。

もともと皮脂の分泌が多いのに加えて、肌も乾燥しているため、より皮脂が分泌されやすくなります。

・男性肌の特徴③ キメが粗い
肌のキメが粗いのも男性肌の特徴。

キメが粗いということは、ざらつきやごわつきが多いということ。うるおいを与える、古い角質を定期的に除去するなどのケアが必要です。

化粧水を選ぶ4つのポイントについて

  1. 自分の肌質に合っている
  2. 保湿成分が多く配合されている
  3. 肌に優しく安全なもの
  4. 継続して使用できる価格

化粧品は自分の肌に合わせて選ぶのが基本となります。そのため、自身の肌質に合わせた商品選びをすることが大切です。安全性や、中身の成分を理解しておくのも大切なポイントです。

また、化粧水は薬ではありませんので、即効性はありません。そのため、継続することがとても大切です。数か月の間続けても負担にならない価格の商品を選ぶようにしましょう。

化粧水の正しい使い方

今までスキンケアに無頓着だった人も、まずは化粧水をつけることから始めてみましょう!

ここからは、正しい化粧水の使い方をご紹介します。

①洗顔
まずは洗顔をして肌を清潔に整えます。皮脂の量や毛穴の開きが気になる…という人は、なるべく洗顔料を使って洗顔しましょう。

②化粧水を適量とる
手のひらに化粧水を適量とります。目安は500円玉硬貨大ほどの量ですが、自分のつけやすい量に調整しましょう。

③顔に馴染ませる
両手のひらに軽く馴染ませたら、顔全体にまんべんなくつけていきます。この時に強く擦ったり、叩くようにつけるのはNGです。手のひら全体で顔を包み込むように、優しく押さえて浸透させていきます。

乾燥が強く、化粧水をつけた後も肌が突っ張る感覚がある場合は、化粧水を重ねづけしましょう。

化粧水を使ってうるおいのある清潔な肌へ

最近では男性用の化粧水も増えてきましたね。

引き締め効果が高いものや、さっぱりと使えるテクスチャーや香りなど、男性でも使いやすいものがたくさん販売されています。もちろん女性用のものを使うのもOKです。

肌にうるおいを与え、テカリやざらつきの少ない清潔な肌に整える化粧水。ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてくださいね。