料理に使われるイメージが強いオリーブオイルですが、実はコスメとしても使える優秀なオイルなんですよ。

オリーブオイルは美容効果が高く、そのままつける美容オイルとして人気です。また様々な化粧品の配合成分としても使われています。

もちろん男性の肌にもおすすめです。ここではそんなオリーブオイルの特徴や使い方、向いている肌質などを詳しくお伝えしていきます。

オリーブオイルの成分と特徴

オリーブオイルは、オリーブの果実から抽出された油のことをいいます。

食の面でもオリーブオイルに触れる機会も多いので、テクスチャ(粘度・肌ざわり)などもイメージしやすいですよね。

そのため、美容オイルに興味を持った方は、まずはオリーブオイルを基本として考えると良いでしょう。

では、ここからはオリーブオイルの使い心地や効果を見ていきましょう。

しっとりした使い心地

オリーブオイルは粘性が高く、重めのしっとりとしたオイルです。とろみがしっかりついているので、肌の上でもよく伸びます。

ほんのり黄緑がかった黄色いオイルで、オリーブ独得の香りがするのも特徴です。

肌に馴染みやすい

オリーブオイルの主成分になっているのが“オレイン酸”という脂肪酸(脂質)です。

オレイン酸は人の皮脂にも含まれています。そのためトラブルも起きにくく、肌表面や毛穴に馴染みやすいということが挙げられます。

保湿力が高い

オレイン酸は不乾性油の一つで、肌から蒸発しにくい性質があります。そのためオリーブオイルを肌につけると肌表面に長く油膜が残ります。

その結果、肌の内側にある水分が外へ蒸発しにくくなり、うるおいのあるなめらかな肌がキープできます。

保護力が高い

オリーブオイルによって肌に張られた油膜は、外からの刺激から肌を守る役割もしてくれます。外からの刺激というのは、空気中のホコリや細菌、紫外線、肌への摩擦などです。

肌に充分な油分とうるおいがあることで、これらによるダメージを最小限に抑えることができます。

酸化しにくい

オレイン酸は“一価不飽和脂肪酸”という脂質の一種で、抗酸化力が高く、劣化しにくいのが特徴です。

またオリーブオイルには同じく高酸化力の高い“パルミチン酸”や“ビタミンE”も含まれており、肌を柔らかく若々しく保つ効果も期待できます。

オリーブオイルに向いている肌質と注意すべき肌質

オリーブオイルを使う前に、オリーブオイルが向いているのはどんな肌か、また取り入れる時に注意したいのはどんな肌か、チェックしていきましょう!

オリーブオイルに向いている肌質

オリーブオイルの特徴は、どのような人に向いているのでしょうか?

オリーブオイルの効果を実感しやすいのは、次の肌質の人です。

乾燥肌

保湿力に優れているオリーブオイルは乾燥肌にはぴったりです!洗顔後の肌のつっぱりが強い、常に肌が乾いている気がする、かさつく、などの症状がある人は乾燥肌。オリーブオイルを取り入れることで肌の水分量がキープされ、乾燥防止に繋がります。

毛穴トラブルが多い肌

毛穴が大きく開いてしまうのは、皮脂が毛穴を押し広げてしまうためです。また毛穴の黒ずみは、毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒くなってしまうため。

オリーブオイルは肌に馴染みやすく、毛穴に詰まった皮脂も浮かせて除去する力があり、これらの毛穴トラブルの解消に効果を発揮してくれます。

オリーブオイルに注意したい肌質

オリーブオイルには不向きな肌質の方がいます。

オリーブオイルを使う際に注意してほしい肌質は次に当てはまる人。

オイリー肌

前述したように、オリーブオイルは皮脂に含まれる成分の一つでもあります。そのため、皮脂の分泌量が正常な人や多い人が使うと、肌の上の油分が多くなりすぎてテカリやべたつきが悪化する可能性もあります。

ニキビ肌

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は保湿力やカバー力など優れた美肌効果がありますが、同時にアクネ菌のエサにもなる成分です。

アクネ菌とはニキビの原因となる菌のこと。元々ニキビができやすい肌質の人は、使う量や頻度に注意する必要があります。

オリーブオイルの使い方

オリーブオイルにもいろいろな使い方があります。

ここではその中から特に男性にもおすすめの使い方をご紹介します。

乳液として使う

乳液は化粧水の後につけるものです。

水や保湿剤の他に油分も含まれていて、化粧水で補った水分を肌に閉じ込める役割があります。この乳液をオリーブオイルで代用することができます。

ディープクレンジング

毛穴に詰まった皮脂や角栓を、オイルでマッサージしながら浮かせて除去するスキンケア法のことです。

オイルが毛穴に残ったままになってしまう可能性があるため、ぬるま湯でのすすぎやその後の洗顔が必須になります。

頭皮クレンジング

シャンプーする前の乾いた頭皮をオイルでマッサージし、毛穴に詰まった皮脂を浮かせて落とす美容法です。

髪のべたつきや臭い、抜け毛などの軽減に効果があります。ディープクレンジング同様、クレンジング後のシャンプーは必須です。

この他にも、お風呂上りに肌の乾燥が気になる部分にオリーブオイルを使うなど、ボディーケアなどにも使用することができますよ。

オリーブオイルは必ずスキンケア用を!

オリーブオイルには高い美肌効果があります。

ただ、オリーブオイルなら何でもいいというわけではありません。

スーパーなどで見かける食用のオリーブオイルは風味が優先されており、目に見えない不純物が混じっている場合もあります。

それが肌の刺激となる可能性もありますので、スキンケアには必ず肌専用のオリーブオイルを使いましょう。