化粧水の後には乳液をつける、これがスキンケアの基本的な流れです。

とは言っても、洗顔→化粧水→美容液→乳液といった女性と変わらないスキンケアをおこなっている人は多くはないです。また、なんとなくそうしている人はいるかもしれませんが、なぜ最後に乳液をつけるのでしょうか?

うるおいを与える、肌を整えるなどの役割をする化粧水と同じように、乳液にもいろいろな役割があります。乳液がどんな役割をするのか、詳しく見ていきましょう。

乳液とは?

化粧水の主成分は水で、全体の70~80%を占めます。その他には保湿成分や美容成分などが含まれています。

対して乳液とは、水や保湿成分などに加えて、20~30%の“油分”を含んだもののことをいいます。テクスチャーも化粧水と比べてとろみが強く、肌にしっかり密着するのが特徴です。

乳液の役割

では乳液にどんな役割があるのか、なぜ最後につけるのか、詳しくチェックしていきましょう!

肌を保護する役割

肌は普段、皮脂膜というものに守られています。皮脂膜とは、皮脂腺というところから分泌された“皮脂(油分)”と、汗腺から分泌される“汗”が混じり合ってできたもの。顔を覆っている天然の油膜のようなものです。

この油膜が、髪や衣服などによって起こる肌への摩擦や、空気中にある細菌やホコリによる肌へのダメージを軽減してくれているのです。

ところが洗顔後は、汚れだけではなく、皮脂膜も落ちてしまっている状態です。肌を守るためには適度な油分を与えてあげる必要があります。

そこで一役買ってくれるのが乳液なのです。皮脂膜が落ち、ダメージが加わりやすくなっている肌を、皮脂に代わってカバーしてくれます。

肌のうるおいをキープする役割

乳液は外からの刺激を防いでくれるだけではありません。肌表面に油膜を張ることで、肌の内側にある水分が蒸発するのも防いでくれます。

洗顔後に化粧水をつけるのは肌に水分や保湿成分を補うためですが、化粧水だけでは、その水分をキープすることはできません。時間が経つと蒸発してしまいます。乳液を最後につけることで、肌の内側のうるおいをしっかりカバーして守ってくれます。

美容成分を肌に与える役割

乳液は主に、肌をカバーする役割を果たしますが、化粧水と同じように保湿成分や美容成分も配合されています。つまり、乳液自体にもうるおいを与える効果があるのです。

乾燥しやすい洗顔後の肌を守る、化粧水で補った水分をキープする、と同時に、美肌効果をよりアップさせることができます。

乳液をつける順番と正しいつけ方

では乳液の役割について理解した所で、次は乳液をつける順番や正しいつけ方についてみていくことにしましょう。

乳液をつけるタイミングとは?

乳液は基本的にスキンケアの最後につけます。一般的な流れは次の通りです。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. (美容液)
  4. 乳液
  5. (クリーム)

美容液やクリームは美肌効果をより高くするアイテムですが、つけない人もいます。特に男性の場合は取り入れることは少ないかもしれません。洗顔、化粧水、乳液の順番で行うのが一般的です。

乳液の正しいつけ方

①手のひらに適量とる
化粧水でうるおいを補給した後、乳液を適量手のひらにとります。10円玉くらいの大きさが目安です。

②顔に馴染ませる
両手のひらに軽く馴染ませ、顔の中心から外側に向かって優しく伸ばしていきます。この時に強く擦らないように注意。

鼻やおでこなどテカリが気になる部分は控えめにするか、つけなくてもOKです。最後に手のひら全体で顔をゆっくりと押さえて馴染ませます。

乳液の代わりになるものとは?

乳液と同じ役割をしてくれるのが美容オイルです。

美容オイルとは、植物から抽出されたオイルのこと。身近なものでは、椿オイル、ホホバオイル、アルガンオイルなどがあります。オイルの種類によって成分は違いますが、高い保湿力やカバー力、アンチエイジング効果などが期待できる脂肪酸やビタミンが含まれているものが多く、スキンケアのアイテムとして注目されています。

人の皮脂の成分に近いものが多く、刺激が少ないのも特徴です。最近では、オーガニック嗜好の女性は美容オイルを使用している方も多いので、興味のある方は一度試してみましょう。

乳液を使う時の注意点

・乳液はつけ過ぎないこと!
乳液には油分が含まれています。乾燥肌の人の場合はたっぷりつけてもOKですが、皮脂が多くテカりやすい…という脂性肌の人は、つけ過ぎに注意しましょう。肌の油分が多すぎると、テカリだけではなくニキビや毛穴の開きなどのトラブルに繋がります。

・オイルと乳液は同時に使わないこと!
美容オイルと乳液は、どちらも“油分”を含んでいます。同時に使うと肌の油分が多くなり、テカリや肌トラブルになる可能性も…。スキンケアには、乳液か美容オイルのどちらかを選択するようにしましょう。

乳液を正しく使ってうるおいアップ!

化粧水の効果(うるおい)をキープするには乳液が必要です。また、乳液だけでは補えない水分を補給するには、やはり化粧水が必要。

どちらもかかせないアイテムであることが分かります。「化粧水だけしか使っていない」、また「洗顔のあとは何もつけない」という人も、化粧水と乳液をセットで取り入れてみましょう!