スキンケアの基本と言えば洗顔です。

男性は特に皮脂の分泌が多く汚れもつきやすいため、一日の終わりの洗顔は大切です。

テカリやべたつきをすっきり落とすためには、やはり水だけではなく洗顔料を使うのがおすすめ。

そこで、ここでは洗顔料の種類やその特徴メリット・デメリットなどを詳しく解説していきます!

洗顔料の種類と特徴

洗顔料の種類とその特徴、洗顔料ごとのメリット・デメリットをまとめてみたので早速見ていくことにしましょう。

固形石けん

石けんタイプになった洗顔料です。

皮脂や汚れを落とすための界面活性剤の代わりに、植物からとれる脂肪酸(脂質の元)からつくられた“石けん素地”が使われていることが多く、肌に負担をかけにくい洗顔料と言えます。

固形石けんのメリット

肌のうるおいや皮脂を必要以上に落とすことなく洗顔できます。肌に優しいのに、しっかりと汚れを落とすことができるのが石けん洗顔の魅力です。

固形石けんのデメリット

石けんの中には、石けん素地ではなく界面活性剤が使われているものもあります。値段が安く、一度に大量生産されているような石けんは要注意。

皮脂やうるおいの落とし過ぎに繋がります。また持ち運びしづらいのも石けんのデメリット。

洗顔フォーム

洗顔料の中では一番よく見かける、クリーム状(ペースト状)になった洗顔料です。保湿成分が含まれているため、洗い上がりがしっとりするものが多いのも特徴です。

洗顔フォームのメリット

泡立ちが良く洗顔しやすいのは洗顔フォームの一番のメリットです。また種類が豊富で、しっとりタイプの他にも使い心地がさっぱりしたタイプもあるため、肌質問わず使いやすい洗顔料と言えます。

洗顔フォームのデメリット

“界面活性剤”が多く含まれているものは、乾燥を強める場合があります。界面活性剤とは、水と油分を混ぜ合わせるための成分です。

この成分によって、洗顔フォームに含まれる油分や皮脂を、水で洗い流すことができます。ただ、この成分が多すぎると、皮脂を落とし過ぎて肌が乾燥してしまう場合があります。

泡タイプ

ボトルに液体状の洗顔料が入っており、ポンプを押すとそれが泡になって出てくるタイプです。

泡タイプのメリット

自分で泡立てる必要がないので、短時間でサッと洗顔できるのが魅力。はじめからキメの細かな泡ができているので毛穴にも浸透しやすく、汚れをしっかり落とすことができます。

泡タイプのデメリット

洗顔フォームを泡立てたものより弾力が弱め。そのため肌に摩擦がかかりやすく、負担がかかる場合もあります。持ち運びできない、コスパがイマイチという点もデメリットです。

ジェルタイプ

ジェル状になった洗顔料です。さっぱりした使い心地と洗い上がりで、メンズの洗顔料ではよく見かけるタイプです。

ジェルタイプのメリット

さっぱり使えるため、べたつきが気になる人にはおすすめ。洗浄力も高めなので、汚れもしっかり落とせます。肌に摩擦がかかりにくいのもメリットです。

ジェルタイプのデメリット

ジェルのぬめりが肌に残りやすいため、すすぎを念入りにする必要があります。

スクラブタイプ

ペースト状の洗顔料の中に、小さな粒子(スクラブ粒)が含まれている洗顔料です。汚れを落とす力が強く、すっきりとした洗い上がりになります。

スクラブタイプのメリット

スクラブが肌表面の古い角質を落としてくれるため、肌のざらつきやくすみを軽減することができます。毛穴に詰まった角栓の除去にも効果的です。

スクラブタイプのデメリット

使い過ぎると肌の角質が落ちすぎて、肌荒れや乾燥が起きやすくなります。毎日のスキンケアというよりも、週に1~2回の肌のケアとして取り入れるのがおすすめ。

酵素パウダー

酵素が含まれた粉末状の洗顔料です。水を足して泡立てて使います。酵素パウダーの劣化を防ぐため1回分ずつ個包装になったものが多いです。

酵素パウダーのメリット

酵素には皮脂や角質を分解して落とす効果があります。汚れを落としつつ、テカリ、毛穴詰まり、肌のざらつき、くすみなどを和らげてくれます。

酵素パウダーのデメリット

粉末を泡立てるのに少し手間がかかります。角質を落とす効果があるため、毎日使うと乾燥や肌荒れに繋がることも。適度に取り入れるのがおすすめです。

泡立たないタイプ

水や保湿成分がメインで配合されている、泡立たない洗顔料です。クリームやジェルなどがあり、汚れを吸着する成分や角質を剥がす成分など、含まれている成分は製品によって違います。

泡立たないタイプのメリット

界面活性剤が使われていないため肌に優しいのがメリット。また肌に密着しやすく毛穴にも浸透しやすいため、汚れを浮かせやすいのも魅力です。

泡立たないタイプのデメリット

他の洗顔料に比べると洗浄力は劣ります。皮脂をしっかり落としたい!さっぱりした洗い上がりが好み!という人には向きません。乾燥肌の人にはおすすめ。

自分の肌に合った洗顔料を選ぶことが大切!

洗顔料は自分の肌に合わせて選びましょう!肌に合わない洗顔料はトラブルの原因になります。

乾燥肌はしっとりタイプの洗顔フォームや石けんタイプを。女性用の洗顔料を使うのも一つの手です。

べたつきが気になる人はジェルタイプや、角質や皮脂が除去できるスクラブや酵素を適度に取り入れていきましょう。