女性がよくおこなっているクレンジング

男性の中には「クレンジング剤って何なの?」「何のためにするの?」「洗顔料ではダメなの?」など…疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこでこのページでは、クレンジングの効果や役割、種類などを分かりやすくお伝えしていきます!

クレンジングは何のためにおこなう?

クレンジングは主にメイクを落とすためにおこなわれます。「洗顔料や石けんではダメなの?」と思うかもしれませんが、メイク汚れはそれらではしっかりと落とすことはできません。

特にクリームタイプのファンデーションや、目のきわに塗るアイライン、まつ毛に塗るマスカラなどは密着力も強力です。最近では水に落ちにくいウォータープルーフのメイク用品が増えていて、落ちにくさは増しています。メイクが肌や毛穴の中に残ったままになると、ニキビ、肌荒れ、老化など、さまざまなトラブルを招いてしまいます。

そこで必須となるのがクレンジングなのです。クレンジングでは肌表面はもちろん、洗顔料だけでは取り切れない毛穴の中の汚れまで浮かせて落とすことができます。

メイクをしない男性には基本必要ないものですが、毛穴汚れを落とすアイテムとしては男性も使えますので、クレンジング剤はどんなものなのか、どう使うのかなどの知識は持っておくといいかもしれません。

クレンジング剤がメイク汚れを落とすメカニズム

クレンジング剤には、主に油分と界面活性剤が含まれています。

メイク汚れや肌から分泌される皮脂は、言い換えてみれば油汚れです。その油汚れを肌から浮かせてくれるのが、同じ成分である油分です。

その浮かせた油汚れを肌から落ちやすくしてくれるのが界面活性剤。通常、油は水をはじきますよね。なので油汚れをそのまま水で洗い流そうとしても、はじいてしまって肌から落ちません。界面活性剤には油と水を混ぜ合わせる効果があり、オイルが浮かせた汚れをしっかり落としてくれます。

これがクレンジング剤でメイクが落ちるメカニズムであり、クレンジング剤の役割です。

男性も使える?クレンジングオイルの使い方

先ほど少し触れたように、クレンジングはメイクをする女性だけではなく、毛穴の開きや黒ずみに悩む男性にも最適です。

毛穴の開きも黒ずみも、毛穴に詰まった皮脂が原因。クレンジングオイルで定期的に毛穴の皮脂を浮かせて落とすことで、トラブルの改善が期待できます。

このクレンジング剤を使った美容方法をディープクレンジングと呼びます。

クレンジングオイルの使い方

  1. クレンジングオイルを手に取る
  2. 鼻・おでこにオイルをつけて馴染ませ、毛穴の汚れを浮かせていく
  3. 頬や口周りにオイルを馴染ませる(皮脂が気にならない部分はしなくてOK)
  4. 手や肌に残ったオイルに水を少しずつ足して馴染ませる
  5. オイルが白っぽくサラサラになったらぬるま湯ですすぐ
  6. 洗顔料や石けんで洗顔し、油分をしっかりと落とす
  7. 保湿

※手や肌は乾いた状態でおこないます。
※汚れを落とすときは肌を擦らないよう優しく洗浄しましょう。
※やり過ぎると乾燥が強まります。毎日や長時間のクレンジングは避け、ケア後は洗顔と保湿をおこないましょう。

クレンジングの種類について

上記ではオイルタイプのクレンジング剤の使い方をご紹介しましたが、クレンジング剤には他にもたくさんの種類があります。使うものによって洗浄力や肌への刺激が違ってきます。

クレンジングを取り入れる場合は、自分にどんなタイプのクレンジング剤が合うか把握してから使いましょう。

クレンジングミルク

  • ミルクタイプで伸びもそこそこ良い
  • 肌への摩擦も起きにくい
  • 洗浄力が弱く皮脂は落ちにくいが、肌に優しい
  • 乾燥肌・敏感肌でも使いやすい

クレンジングミルクは肌に対する刺激が少なく、日焼け止めなどを落とす目的で使う場合はこれで十分。

日焼け止めが残って肌がベタつくという方は、クレンジングミルクを試してみるといいでしょう。

クレンジングオイル

  • 油分も界面活性剤も多い
  • 伸びが良いので使いやすい
  • 摩擦による肌へのダメージが少ない
  • 洗浄力が強く、商品選びが重要

クレンジング剤の中でもオールマイティーに使えるのが、クレンジングオイル。

ディープクレンジングや日焼け止めを落とす目的でも使えるので、男の人も一本持っていると便利なクレンジング剤です。

クレンジングバーム

  • ワックスのような固形、肌に乗せると体温で溶けて液体になる
  • 洗浄力も高い
  • 肌への負担も少ない
  • 専用のスプーンですくい取る、手で溶かしてから使うなど、手間がかかる
  • 値段が高いものが多い

クレンジングバームはクレンジングオイルの固形版と表現することができます。

テクスチャ(肌ざわり)が気持ちよい反面、個体を液体にする手間がかかる。日焼け止め落とし、ディープクレンジングに使える。

クレンジングリキッド

  • 界面活性剤は多いが、油分は少ない
  • さらっとしている・肌への摩擦が起きやすい
  • 洗浄力が強く皮脂は落ちやすいが、乾燥が強くなりやすい

油分が少ないor入っていないため、洗浄力のすべてを界面活性剤の力で行うクレンジング。

油分が苦手な女性が選ぶことはあるが、男性には不向き。

クレンジングジェル

  • ジェルタイプで使いやすい
  • 肌への摩擦も起きにくい
  • さっぱりとした洗い上がり
  • オイルイン(洗浄力やや強め)とオイルフリー(洗浄力弱め)がある
  • ある程度皮脂が残せるので、乾燥肌の人には◎

クレンジングジェルは、クレンジングオイルとクレンジングミルクの間あたりの洗浄力。

女性は自身のメイクの濃さによって、クレンジング剤を選ぶためクレンジングジェルも人気だが、男性には特に必要ありません。

クレンジングローション

  • ローション(水)タイプ
  • 使い心地さっぱり
  • 同時に保湿できるものもある
  • 同時に角質除去できるものもあり、ごわつきやくすみの改善にも◎
  • コットンなどにつけて皮脂を拭き取るため、肌に刺激を与えやすい

いわゆる拭き取り式のクレンジング。

パッとメイクが落とせるので便利ですが、摩擦による肌刺激があり男性には特に必要ありません。

男性もクレンジングに注目してみよう!

最近は日焼け止めなどを使う男性も増えていますが、汗でも流れにくい機能性の高い日焼け止めを使う場合クレンジング剤を使って日焼け止めを洗い流す必要があります。

また、男性は皮脂の分泌が多く、女性よりも毛穴に皮脂が詰まりやすい性質があります。

毛穴の開き、黒ずみ、テカり・ぎらつきが普段から気になっている人は、一度クレンジングケア(ディープクレンジング)を取り入れてみてはいかがでしょうか。

最近ではメンズのクレンジング剤も販売されています。ぜひチェックしてみてくださいね。