メイクをしない男性の中にもBBクリームという名前を聞いたことがある人はいるのではないでしょうか?

BBクリームは女性が使うメイク用品の定番と言っても過言ではありません。ドラッグストアにはBBクリームだけでもかなりの種類が販売されていますね。

実はこのBBクリーム、今はコスメとして定評がありますが、もともとは違う目的で開発されたものなんですよ。BBクリームがどんなものなのか、少し詳しく見ていきましょう!

BBクリームとは?

BBクリームの“BB”は“Blemish Balm(ブレミッシュバーム)”の略です。“Blemish”は“傷・欠陥”、“Balm”は“軟膏”という意味。

つまりBBクリームは、傷や欠陥のための軟膏、ということになります。

その名前の通り、BBクリームはもともとドイツで開発された医療用のクリームなのです。治療の後の皮膚の炎症を抑えると同時に、外から受ける刺激から肌(傷)を守るための役割をしていました。最初は化粧品ではなかったんですね。

その後、韓国で美容整形や皮膚のレーザー治療後などに使われるようになります。肌をカバーしながら使えるコスメとして人気を集めました。そしてそのブームが日本に伝わり、美容成分やUV成分が加えられ、今の化粧品としてのBBクリームができたのです。

BBクリームの役割

今や多くの人が愛用しているBBクリーム。最初は肌を補修・カバーするものでしたが、現在では次のような役割を持っています。

・ファンデーション
化粧のベースになるメイクです。肌全体を明るくさせ、毛穴の凹凸をなめらかにするなどの役割があります。

・下地
ファンデーションの前に肌に塗るものです。なめらかに肌になじみ、ファンデーションのノリを良くします。

・コンシーラー
ファンデーションや下地よりもねっとりとしていて、肌にしっかりと密着します。シミやそばかす、目の下のくまなど、部分的なトラブルを隠すために使われます。

・日焼け止めクリーム
紫外線をカットし、日焼けやシミ、炎症などを軽減してくれるクリームです。

・美容クリーム
美容成分が配合された、肌にうるおいやハリを与えるクリームです。化粧前に塗ると、かさつきやメイクのよれを防ぐこともできます。

BBクリーム一つでこれだけの役割をしてくれるなんて驚きですよね。まあ男にとっては、女性がこんなにいろいろなものを塗っていることの方が驚きかもしれませんが・・

シミ、しわ、乾燥、日焼け、毛穴の目立ちなど、さまざまなトラブルをカバーできるBBクリームは、メイクにかける時間や費用の節約にもつながる優秀なアイテムと言えます。

CCクリームとの違い

BBクリームと似たようなアイテムに、CCクリームというものがあります。

BBクリームがもともと医療用として開発されたのに対して、CCクリームは最初からコスメとしてつくられたものです。

名前は似ていますが、BBクリームとCCクリームはそれぞれ異なる特徴を持っています。

BBクリームの特徴

  • もともとは医療用の軟膏
  • カバー力に優れている
  • 重め、固めのテクスチャー
  • しっかりメイクをしている感が出る

CCクリームの特徴

  • コスメ用としてつくられたもの
  • 肌の色ムラを均一にする
  • ややゆるめのテクスチャー
  • ベタ塗り感がなく、ナチュラルメイクに仕上がる

BBクリームの使い方

BBクリームは全体にメイクとして塗るだけではなく、部分的に塗ってトラブルを隠す使い方にも向いています。

そのため、しみ、ニキビ跡、傷跡、目の下のクマなどに悩む男性にもおすすめですよ。それらをカバーするときのBBクリームの使い方を知っておきましょう!

  1. BBクリームを適量手にとる
  2. 指先でカバーしたい部分につけるる
  3. 指の腹でポンポンと優しく押さえながら馴染ませてムラをなくす

顔全体につける場合は、おでこ、鼻、両頬、顎などにピンポイントにクリームを乗せ、顔の中心から外側に向かってムラなく伸ばしていきます。

男性で広範囲にBBクリームをつけることはあまりないと思いますが、例えばそばかすや全体のくすみを隠したいという時にはこのつけ方が早くきれいに塗れるのでおすすめです。

BBクリームの落とし方

BBクリームを使った時には、落とすときのケアも大切になります。水では落ちにくく、肌表面に残ることはもちろん、クリームタイプなので毛穴にも入り込み、ニキビや肌荒れに繋がってしまいます。必ずクレンジング剤と洗顔料をセットで使って落としましょう!

①クレンジング剤で汚れを落とす

クリームをつけたところにクレンジング剤を馴染ませ指の腹で優しく洗浄していきます。すすぎはぬるま湯で!クレンジング剤に含まれる油分が汚れを浮かせ、肌から落ちやすくしてくれます。

②洗顔料で油分を落とす

クレンジング剤に含まれる油分や、浮かせたクリーム(油汚れ)をしっかりと落とすには洗顔料が必要です。よく泡立てて、肌に摩擦が起きないように優しく洗いましょう。

トラブルをカバーしたい人はBBクリームで

基本的に男性はメイク用品を使うことはないと思いますが、トラブルを隠したいときには持っておくとかなり重宝します。

BBクリームは価格も手ごろなもの多いので、ぜひチェックしてみてくださいね。