暑い時期になると、気になってくるのが紫外線!

男の場合、気にする人は少ないかもしれません。

ですが紫外線を大量に、長時間浴び続けると、皮膚にはかなりのダメージが加わり、そこからさまざまなトラブルに繋がってしまいます。

紫外線にはどんな悪影響があるのか、詳しく知っていきましょう!

紫外線が肌に及ぼす悪影響とは?

シミ・そばかす

「紫外線を浴びるとシミやそばかすができる」というのはよく聞きますよね。これは紫外線がメラニン色素を増やしてしまうためです。

もっと正確に言うと、紫外線に反応したメラノサイトという細胞が、メラニン色素をたくさんつくり出してしまうためにシミができやすくなります。

ただし誤解して欲しくないのは、メラニン色素はもともとは悪い物質ではありません。体内に紫外線を入り込まないようにブロックしてくれる、なくてはならない物質なのです。

しかし、これが大量につくられ皮膚に蓄積されていくと、チロシナーゼという酵素によって黒くなり、シミやそばかすとなってしまうんですね。

しわ・たるみ

紫外線は肌の内側にあるコラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。コラーゲンとは肌に弾力を与える細胞、エラスチンはそのコラーゲンを支える繊維のようなものです。

また、肌の内側の水分を抱え込んでキープするヒアルロン酸にもダメージを与えます。これらの細胞の働きが弱まると、肌のハリが失われ、しわやたるみが起きやすくなります。

ちなみに、コラーゲンは髪をつくる材料でもあります。紫外線を受けることで頭皮環境が乱れ、抜け毛や薄毛を招くことも…。

老化

紫外線によって肌の細胞にダメージが加わると、肌の新陳代謝(ターンオーバー)も乱れます。

その結果、傷ついた細胞の修復がうまくできず、肌荒れはなかなか治りません。古い角質やメラニンはどんどん溜まって、シミやくすみ、かさつきに…。肌の機能は未熟になり、ちょっとした刺激でもトラブルが起きやすくなります。

このように、肌代謝の低下は肌年齢を低下させてトラブルを招く原因となります。

皮膚ガン

私たち人間の細胞の中にはDNA(遺伝子)が存在しています。遺伝子とは体をつくるための情報源のようなものです。

紫外線は、この遺伝子にもダメージを与えることが分かっています。紫外線による影響を受けた遺伝子がうまく修復されなかったり、変異してしまうと、それが皮膚ガンへと繋がります。

皮膚ガンにはいろいろな種類がありますが、主に肌表面のしこりや、そこからの出血、赤みやかさつきなどが見られます。

そもそも紫外線とは?

紫外線が肌に良くないことはお分かりいただけたかと思いますが、「そもそも紫外線って何なの?」と疑問に思った人もいるのでは?

紫外線は簡単に言うと太陽の光ですが、もう少し具体的に言うと、紫外線はその太陽の光に含まれる目に見えない光のことを指します。

紫外線にも種類がありますが、私たちの肌に影響を与えるのは次の2つです。

UVA

肌を黒くする紫外線です。私たちの体への悪影響はそこまで多くはありませんが、曇りの日も量が変わらないため、日焼けしたくない場合は天気に関係なく対策する必要があります。さらに窓ガラスも通過する性質があるため、室内でも油断ができない紫外線です。

UVB

肌を赤くする紫外線です。上記で挙げたようなトラブルはこのUVBの影響が大きいと言われています。ただ、曇りの日は晴れの日に比べて量が少なく、窓ガラスにも反射するため室内に入りにくいという性質があります。

他にはUVCという紫外線があります。上記に挙げた2つよりももっと体への作用が強い紫外線です。浴びると火傷のような状態になってしまうと言われているほど…。ただしこの紫外線はオゾン層を通過する時に散乱してしまうため、地上に到達することはありません。

紫外線はどのように防ぐ?

日焼け止めクリームを塗る

日焼け止めクリームはどこにいても対策ができる効果的なアイテムの一つです。

紫外線の吸収を防ぐ成分や、反射する成分が含まれており、紫外線をカットしてくれます。「SPF50、PA++++」が効果の最大値です。購入する際はパッケージをチェックしましょう。

帽子をかぶる

帽子をかぶることで顔に当たる紫外線を防ぐことができます。

男性は女性のようにつば広の帽子はかぶりにくいかと思いますが、キャップをかぶるだけでも紫外線吸収率は大きく違います。つばの浅い帽子もやや深めにかぶるなど工夫を!

UVカットできる服を選ぶ

露出を少なめに、さらに紫外線を通しにくい黒や紺の服を着るのが一番ですが、暑い時期はそういうわけにもいきませんよね。

最近では紫外線カット効果のある通気性の良いシャツも販売されていますからチェックしてみましょう。

紫外線対策は男性も必須!

紫外線を浴びることで皮膚にダメージがあるのは女性も男性も同じです。

紫外線を適度に浴びることは大切ですが、長時間何の対策もなしに外にいるのは控えましょう。紫外線対策をしっかり取り入れて、若々しく健康な肌をキープしてくださいね。