肌の乾燥が進行すると敏感肌になり、様々な肌トラブルを引き起こすことがあります。

敏感肌の人は、ふつうの人にとってはなんでもないような軽い刺激にも肌が過剰に反応して痛みやかゆみを起こします。

今回は最近増えてきている敏感肌について焦点を当て、敏感肌の原因や対処方法などについて紹介していきます。

敏感肌とはどのような状態?

敏感肌は、間違った洗顔方法やスキンケア、不規則な生活習慣などによって肌が乾燥しやすい状態になって、雑菌や紫外線ダメージなどの外的刺激を受けやすい状態になることです。

肌のバリア機能や保湿機能が低下し、肌の乾燥が進行すると、肌荒れなどの肌トラブルを招きます。肌の潤いやハリも無くなるので、肌が老化したりニキビや吹き出物ができたりします。

男の人は、男性ホルモンが女性に比べて多く分泌され皮脂によって守られているため、敏感肌になりにくいと言われています。しかし、女性に比べてスキンケアを怠っていたり、ひげ剃りによるカミソリのダメージがあったりするので乾燥が進行することがあります。

敏感肌になると、乾燥してカサカサした状態だけでなく、炎症を起こして赤くなったり、髭剃りの後に肌がヒリヒリと痛みを感じたりします。

男の敏感肌の原因は?

敏感肌の主な原因は、肌のバリア機能が低下したことにあります。

私たちの肌表面にある角質層は、紫外線や埃、ウィルスなど、様々な外部の刺激から肌を守る働きをしています。しかし、敏感肌の人の角質層は、きちんと機能せず、バリア機能が低下していると考えられています。

その理由は様々で、

  • 生まれつき肌が弱い方
  • 偏った食生活や睡眠不足
  • ストレスが溜まっているなどの生活習慣
  • ゴシゴシと肌に強い刺激を与える洗顔方法
  • 自分の肌に合っていないスキンケアアイテムを使用している
  • 紫外線対策の不足

などが挙げられます。

外的要因

特に男の人に多いのは、間違ったスキンケアや洗顔です。

男は皮脂が多く、肌がベタつきやすいので、1日に何度も洗顔料を使って顔を洗ったり、刺激や洗浄力が高いスクラブ入り洗顔料を使ったり、ゴシゴシと肌をこすったりすることがあります。メンソールなどのすっきりした刺激を求める人も多いですが、強い刺激は肌にとってはマイナスに働いてしまうこともあります。

しかし、それらは、必要な皮脂まで落としてしまうことになるので、角質層を傷つけ、さらにバリア機能を低下させます。またその後のスキンケアもきちんと行わず、そのまま放っておく人もいますし、化粧水だけで乳液やクリームを使わないで与えた水分をきちんと閉じ込められていない人もいます。

また、髭剃りも男性特有の肌を傷つける生活習慣です。髭剃りは、肌に刃を直接当てて行うので、髭だけでなく肌表面の角質層も削り取ってしまうことにつながります。

内的要因

睡眠不足やストレスの溜めすぎは肌のターンオーバーを乱す原因になります。また、食生活の乱れも肌の乱れとなって表にでてくることがあります。

一般に肌は28日周期で生まれ変わりますが、ターンオーバーが遅れると古い角質が肌に残ったままになったり、逆に早まると未熟な角質層が肌表面に出てきてしまったりするので、乾燥が悪化したり、バリア機能を低下させたりします。

敏感肌が引き起こす肌トラブル

敏感肌の人は、つらい肌トラブルを引き起こします。乾燥が進行した状態なので、まずはひどいかさつきを感じると思います。

それに加え、敏感肌の人は肌の免疫力が下がっているために、かゆみや炎症、赤みを感じたり、ニキビや吹き出物ができたりすることがあります。このような肌荒れが、深刻な肌の黒ずみやシミを作る原因になるので、敏感肌はできるだけ早く解消する必要があります。

敏感肌の対策

敏感肌の原因は、バリア機能の低下によって乾燥状態が悪化したことにありますので、敏感肌の対策として、保湿をしっかり行うことが基本となります。

正しい洗顔

まずは、刺激の少ない無添加の洗顔料を選びます。

洗顔クリームなどと比べると洗顔石鹸は刺激が少なく肌に優しいと言われていますのでおすすめです。

洗顔料を手の平でよく泡立て、キメの細かい泡を作ったら肌を包み込むようにして洗顔します。汚れを浮かせるようくるくると円を描きながら洗顔を行うと良いでしょう。ゴシゴシ洗うことは厳禁です。

また、すすぎ残しが無いように丁寧に洗い流します。特に紙の生え際やあご、小鼻周りには洗顔料が残りやすいので、ぬるま湯でしっかりと流します。

正しいスキンケア

敏感になった肌は、角質の水分量が低下して乾燥し、外部からの刺激を受けやすい状態です。

そこで重要なのは、角質のバリア機能を高めることと、肌内部の水分量を保つことができるスキンケアです。

まず、敏感肌の人は無添加の化粧水や乳液を使うことをおすすめします。化粧水は、セラミドやアミノ酸などの保水成分が入ったものを選ぶと良いでしょう。

その後に乳液でフタをします。ベタつきが苦手だから乳液をしていないという人は、サラッとした使用感のものを選んで、必ず乳液やクリームなどで肌内部の水分を閉じ込めましょう。

生活習慣の見直し

敏感肌は、身体の内側に原因がある事もおおいに考えられるので、日常生活を見直すことも大切です。

睡眠不足やストレスを溜めたままの生活は、ホルモンバランスを乱す原因になりますので、適度な運動をしたり、メリハリのある生活を送ったりするよう心がけましょう。

また、食事に気を配ることも大切です。動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよく摂ったり、食物繊維や乳酸菌を多く含む食品を摂取することを意識しましょう。また、ターンオーバーを促すビタミンAを含むにんじんやほうれん草やトマトなどの野菜を積極的に食べることも大切にしましょう。