肌質は人によって異なるということを知っていますか?

皮脂と水分量などで分けると大きく5タイプある肌質ですが、肌トラブルを緩和するためには、自分の肌質を知り、適切なスキンケアをすることが大切です。

男の人は自身の肌質を知らずにスキンケアを行っている事も多いですが、これでは化粧品の効果も存分に発揮することができません。

そこで今回は、肌質毎の違いと、自身の肌質の簡単な見極め方について紹介していきます。

肌質の違いについて

皮脂や水分量の違いに着目すると、普通肌、乾燥肌、脂性肌、敏感肌、混合肌の5タイプに分かれます。

皮脂は、汗などと混じって天然の保湿クリームである皮脂膜を作り、肌内部の水分の蒸発を防ぐため、肌の保湿に役立ちます。皮脂が適度に肌にあり、水分が角質内に保たれている状態が理想的な肌と考えられます。

普通肌

皮脂の分泌が適量で、セラミドが多く潤っている状態で、まさに理想的な肌質と言えます。肌トラブルも少なく、肌悩みを感じることがほとんどありません。

脂性肌

脂性肌の人は、皮脂の分泌量が過剰な肌質で、肌がベタベタと脂ぎっています。

特に額や鼻をつなぐTゾーンは、皮脂の分泌が多いのでべたつきやすくなります。過剰な皮脂は、にきびや吹き出物など肌荒れの原因になるため、余分な皮脂を定期的に取り除き、皮脂量のバランスを取る必要があります。

乾燥肌

乾燥肌の人は、肌の水分を保持するセラミドが不足していたり、皮脂量が少なかったりします。

肌が全体的に乾燥していてカサカサとした印象があります。皮脂分泌が少ないので、肌内部の水分が蒸発しやすい状態です。乾燥肌が悪化すると、角質がさらに剥がれて皮膚のバリア機能が弱くなり敏感肌へと発展する可能性があります。

敏感肌

敏感肌の人は、洗顔後やスキンケア時に肌がピりついたり、赤みを帯びたりします。絶えず肌トラブルに悩まされ、スキンケアを変えてもなかなか改善されない状態が続きます。

混合肌

混合肌は、脂性肌と乾燥肌の両方が混在している状態の肌です。

例えば、Tゾーンは脂っぽいのに、頬やフェイスラインはかさついているという状態の肌です。脂性乾燥肌とも言われ、脂っぽいところは皮脂を取り除いて、乾燥しているところは水分と油分を与える必要がある複雑な肌です。

また、乾燥性脂性(インナードライ)肌という肌質もあります。乾燥性脂性肌は、乾燥肌であるのに、脂性肌だと思い込んで皮脂を取りすぎている人に多いと言われています。

肌質を見極める重要性と方法

肌質によってケアの方法が違うため、しっかりと肌質を見極めることは重要です。

男のの人は自分のことを脂性肌だと思い込んでいる方が多いですが、実は女性よりも乾燥肌の人が多いと言われています。

思い込みではなく、きちんと調べてから自分に合った対策を講じることが大切です。

肌質を見分ける方法

肌質を見極める方法はとても簡単。

洗顔後、10分間何もつけずに肌を放置しておきます。すると、10分後の肌の状態によって、肌質が分かります。

まず、普通肌の人は、最初は肌につっぱりを感じますが、徐々に潤いが出てきて、肌の違和感が無くなります。Tゾーンなど皮脂が多い部位のテカリも気にならならず、適度にしっとりとします。

脂性肌の人は、肌が全体的にべたつき、皮脂が浮いてきます。乾燥肌の人は、ひどく肌のつっぱりを感じ、時間がたってもその状態が続きます。特に目元や口元、頬、フェイスラインなどにかさつきを感じる場合が多いです。

敏感肌の人は、乾燥肌の状態に加え、肌がピリピリとしてきます。混合肌の人は、Tゾーンはテカっているのに、目元や口元、頬はかさついているといったような、べたつく部分とつっぱる部分の両方が出てきます。

肌質に合ったスキンケア

普通肌のスキンケア

普通肌の人は、肌が本来持っている保湿力を保っているので、そのままの状態を保てるスキンケアを心がけましょう。刺激の強いクレンジングや洗顔料を使ったり、ゴシゴシ洗顔をしたりすることは避けましょう。

脂性肌のスキンケア

脂性肌の人は、皮脂を減らすよりも、セラミドやアミノ酸などの保湿成分の入った化粧水を使って、肌の水分量を高めることが大切です。

水分と皮脂のバランスが取れるようになると、皮脂だけが浮きにくくなりますし、皮脂の過剰分泌を予防することにつながります。また、皮脂の分泌はホルモンの影響も大きく受けるので、ストレスを溜めず、バランスの摂れた食事や良質な睡眠を確保するよう心がけましょう。

乾燥肌のスキンケア

乾燥肌は、水分だけに注目してしまいがちですが、皮脂の分泌量が極端に少ない場合も肌の乾燥を招いてしまいます。

そのため、油分と水分の両方をバランスよく整え、保湿力とバリア機能を高める必要があります。

乾燥肌の人は、セラミドやアミノ酸などの保湿成分が入った化粧水をたっぷり使い、肌の水分を保持する力を高めていきましょう。その上で、クリームを塗って肌にフタをして、水分の蒸発を防ぎましょう。

敏感肌のスキンケア

敏感肌の人は、肌に優しい洗顔を行うことが大切です。しっかり泡立てた洗顔料を肌にのせ、包み込むように洗います。そして、できる限り素早く洗い流すようにしましょう。洗顔料よりも石鹸タイプの方が肌負担が少ないのでおすすめです。

洗顔後は、保湿力を高め、肌状態を回復させる成分の入った無添加化粧水で肌に水分を与えます。最後に無添加のクリームを肌にのせて、肌に適度な水分と油分を与えます。余計なことは行わず、シンプルなスキンケアを行うことが肝心です。

混合肌のスキンケア

混合肌の人は、スキンケアが難しいですが、むやみに皮脂を取り除くような洗顔を行わず、洗い上がりがしっとりするぐらいの洗顔方法にしましょう。

そして、セラミドやアミノ酸などの保湿成分がしっかり入った化粧水やクリームを使い、肌の水分と油分のバランスを取るように心がけましょう。