男にとっても洗顔や保湿などの肌のケアは大切です。最近ではメンズの化粧品も多く見られるようになりましたね。そんな化粧品を選ぶ際の基準となるのが成分表示

どんな成分がどれくらい配合されているのか、購入する時にはできればチェックしたいものです。といっても、化粧品の成分表示のどこに注目すればよいのか分からないですよね・・

そこで、ここでは化粧品の成分表示の基本的な見方を詳しく解説していきます!

成分表示とは?

成分表示とはその名前の通り、商品に配合されている成分の名前が書いてあるもののことを言います。パッケージや外箱など、購入する人が見やすく確認しやすい場所に記載してあります。

現在、成分表示のない化粧品はありません。「医薬品医療機器等法」という、商品の品質、有効性、安全の確保等を目的とした法律によって記載することが定められています。

成分表示の見方のポイント

では、さっそく成分表示の見方のポイントについて紹介していきます。

配合量と表示の順番

化粧品に含まれている成分の量は、成分表示に書かれている順番で判断することができます。

配合量が多いものから順に成分名が記載してあり、詳しい割合は分かりませんが主成分がどんなものかは知ることができます。

例えば、化粧水の成分表示が“水、DPG、グリセリン…”という始まり方をしていた場合、その化粧水の主成分は水であるということが分かります。次に多く配合されているのがDPG(保湿剤)、その次に多く配合されているのがグリセリン(保湿剤)…といった感じですね。

ただし、配合量が1%以下の場合は順不同でよいということになっています。配合量の少ないものは順番関係なく書いてありますよ、ということですね。

なので成分表示にたくさんの成分名が書かれていたとしても、後半の方は微量ずつしか含まれていない可能性もあります。どんな化粧品なのか判断する時は、特に前半に書かれているものに注目するといいでしょう。

表示の仕方

成分の表示の仕方は細かく決められていません。例えばアスコルビン酸ナトリウムとアスコルビン酸Na。

表示の仕方は違いますが、どちらも同じ成分です。表示の仕方はその化粧品のメーカーが自由に決めることができます。

香料の表示

香料とは、化粧品に香りをつけるための成分のことです。化粧品にこだわりはない、という男性も、やはり香りがよいものの方が使いやすいですよね。

香料にも植物から抽出された天然香料、化学的につくられた合成香料など、たくさんの種類があります。

例えば、

  • シトロネロール
  • ベンジルアセテート
  • リナリルアセテート
  • ファルネソール
  • β-カリオフィレン
  • シス-3-ヘキセノール

など、これらはすべて香料です。香りも原料もつくられ方も違います。ですが成分表示では香料でひとくくりにされています。

配合されているのが植物由来の安全なものなのか、刺激になりやすい合成のものなのかが分からないため、香料の表示が成分表示の始めにある場合は少し注意が必要です。

化粧品と医薬品、どう違う?

“化粧品”と“医薬品”、そして“医薬部外品”、何がどう違うのか疑問に思ったことはありませんか?

それぞれの特徴や、成分表示の違いなどを詳しくチェックしていきましょう。

・化粧品
美容目的でつくられたものです。

化粧水、美容液、メイク用品、石けん、シャンプー、リンスなどが挙げられます。

・医薬品
医薬品とは、症状を治療できる成分が配合されたもののことを言います。

風邪薬、胃腸薬、傷に塗る軟膏、かゆみ止めなども医薬品に分類されます。

・医薬部外品
化粧品と医薬品の中間に分類されるものです。特定の症状に有効な成分が配合されており、医薬品ほどではありませんがトラブルの改善効果が期待できます。

薬用化粧水、薬用石けん、育毛剤、除毛剤などが挙げられます。

成分表示の違いは?

医薬品や医薬部外品は有効成分といった形で成分名が記載してあります。またその分量(グラム数)も記載されていることが多いです。

対して美容目的でつくられた化粧品は、どれが有効成分なのか、という表示ができません。そのため成分といった形で成分名が表記されています。

また医薬部外品では配合量に関係なく、症状に有効である成分から表示できることになっています。配合量が多いものから表示される化粧品とは、見方がかなり変わってきます。

良さそうと思う化粧品も、成分表示のチェックを!

メンズコスメにもたくさんの種類があって、どれを買えばいいのか迷ってしまうこともあると思います。そんなときは成分表示をチェックしてみましょう!

宣伝やサイトで、「肌を引き締める成分○○○配合!」とあったとしても、成分表示を見たら最後の方…ほんの少ししか配合されていなかった、ということはよくあることなんです。

どんな成分が配合されているかももちろん大切ですが、それがどの程度入っているのか、肌に刺激となる添加物の配合はどうかなど、細かな部分も確認することが大切です。

化粧品を選ぶ際、見比べる際には成分表示をぜひ参考にしてみてくださいね。